ヨウ素剤(安定ヨウ素剤・ヨウ化カリウム丸)の通信販売/通販・購入方法の簡単解説

安定ヨウ素剤、その効果と副作用

安定ヨウ素剤、その効果と副作用記事一覧

安定ヨウ素剤には高い効果が期待できると報じられています

原発事故があるとき、原発から放出された放射性ヨウ素を体内に取り込んでしまうと、それが甲状腺に集まる。体外からの放射線だけではなく、体内から被曝し続けることになるので危険である。チェルノブイリ原発事故のときの経験から明らかになっていることで、特に子どもで甲状腺がんの発症リスクが激増する。それを防ぐため...

≫続きを読む

 

安定ヨウ素剤の効果・効能

原子炉施設等で原子力災害が発生し大気中に大量の放射性ヨウ素が放出されたと想定した場合,放射性ヨウ素が甲状腺に蓄積され内部被ばくを引き起こす可能性があります。この甲状腺内部被ばくの予防策には,屋内へ退避し窓などを閉めて放射性ヨウ素を吸入しないようにしたり,飲食物を摂取しないようにしたり,放射性ヨウ素の...

≫続きを読む

 

安定ヨウ素剤には副作用がある

およそ薬というのもには効果があり副作用もあります。風邪薬などの怖くない普通の薬も多量に服用すれば健康を害することは良くしられています。医薬品はもちろん健康食品という名であってもサプリメント等は、医師・薬剤師と相談のうえで服用してください。なお、国の機関である原子力安全委員会と原子力施設等防災専門部会...

≫続きを読む

 

安定ヨウ素剤の対象は子供だけ?

チェルノブイリの原発事故の経験で、主に子供の甲状腺被曝にリスクが高いと分かっています。胎児、新生児、乳児、幼児、学童など、幼ければ幼いほど甲状腺癌の発がんリスクが高いことがわかっています。したがって、若年層ほど優先的に。逆に、40歳以上では甲状腺がん発症のリスクが低いため神経質になる必要はない。基本...

≫続きを読む

 

妊婦は安定ヨウ素剤を飲むべきか?

日本産科婦人科学会(2011年3月15日)は、合計50ミリ・シーベルト以上被曝した妊婦・授乳中の女性は、甲状腺がん予防のため、50ミリ・グラムの安定ヨウ素剤2錠を1回服用することを勧める。服用した妊婦の胎児や授乳中の女性の子どもは、甲状腺機能異常が懸念されるため、投与後は検査が必要であるとした。妊婦...

≫続きを読む

 

昆布は気休めにすぎない

ヨウ素を摂取するためには、ヨウ素を多く含む食品を食べればいい。それなら昆布が良い。しかし、薬が手に入るまでの気休めにすぎない。なぜなら、わかめ等の海藻にもヨウ素が含まれますが、十分な量ではないからです。つまり、まったく効果がないわけではありません。昆布やわかめの摂取にも一定の効果がありますが、それも...

≫続きを読む

 

昆布喰うよりサプリメント喰え

ヨウ素は、海藻(特に昆布)に豊富に含まれ、人体に必要なミネラルの1つ。ところが酸っぱい臭いが苦手な人も多いです。それに、食事によって昆布などからヨウ素を必要な量だけ取ろうとしても限界があります。そもそもの含有量が少なく、含まれている量も安定していないからです。そこで、ヨウ素を豊富に含んだサプリメント...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 購入方法 効果と副作用 放射能対策 コラム / ニュース